国産アボカドと脚立

撮影記
この記事は約1分で読めます。

熊本県内でアボカドをつくっているとのこと。

マンゴーとかもそうだけど、南の国とか、もっと温暖な地域とかに任せたらいいのに。

ハワイ移民した親戚の家なんて裏の山にたくさんなってけど。

高い国内の土地でボイラーとかハウスに多額のお金をかけて、

実った果実の出荷数が年間200個…。

脚立はもう少し高いものが欲しいと思っていたところだけど、

アボカドは毎日食べたいから安い方が良い。

↑ 人に説明した時のわかりづらいメモ。

2050年、温暖化で国産アボカドの生産量は増え、

ライフスタイルの変化とカメラ・AIの進化で職業カメラマンは減っていることでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました